LIME参加募集要項(さらに詳細を追加の予定)

―参加資格―

以下の必要機材がおそろいの団体、個人ならば、プロ・アマ問わずどなたでも参加できます。

*必要機材*

・天体望遠鏡(口径20cm〜)

・架台(自動追尾できるもの)

・天体望遠鏡用ビデオカメラまたはデジタルカメラ(動画モード)(NTSC)  コリメート法可 ・デジタイザー AVIに変換(撮影した画像を720×480ピクセルに変換(1GBまで))

・タイムエンコーダー ・シグナルエンコーダー (USBGPS timestamp またはWWV audio)

パソコンの時間を補正するソフト。

さとくん http://sendaiuchukan.jp/data/occult/gpsradio/satk.html

・Lunar Scan (無料ダウンロードできます)

> LunarScan Detection Software v1.5

 

―参加期間―

LADEEが月軌道を周っている100日間(詳しい日程は未定。新しい情報が入り次第、追ってお知らせします。)

 

―観測方法―

以下の3Stepで完了です!

Step1 撮影

お手持ちの機材をセットし、月を観測してもらいます

観測条件:観測時間は夕方から朝にかけて。月が10%~50%見えているときにしてください。50%以上だと明るすぎ、10%以下でも正確なデータが取れません。

 

Step2 編集

撮影した動画をPCに取り込み、月面衝突発行が見られた前後を数秒ピックアップし、指定の大きさにしてください。

このとき、指定ソフトLunar Scanをお使いください。

 

Step3 転送

月面衝突発行の映ったビデオに時間、観測場所、月の位置を合わせて、データを送ってください。

 

―参加方法―

参加ご希望の団体、または個人の方はご連絡ください。 また、参加いただける団体を「Communities」のページで紹介したいと思っております。もしウェブサイトをお持ちで、リンクしてもいいという団体の方は合わせてご連絡下さい。 もちろん、個人の方も大歓迎です。

より正確なデータを得るために、一つでも多くのデータが必要です。参加団体の方には「いつどこで」と指定することはなく、ご都合の良い日になるべく多くのデータを取っていただくよう、ご協力お願いします。

 

NESF 2018

Lunar Landing Workshop

Upcoming Events

September


Instrumentation for Planetary Science
Sept 16-21 (Berlin, Germany)

SPIE Asia-Pacific Remote Sensing 2018
Sept 24-27 (Honolulu, Hawaii)

The First Billion Years: Bombardment Conference
Sept 30-Oct 2 (Flagstaff, Arizona)

View More Upcoming
View Past Events

SSERVI Team Science

Did you know?

The moon is not round, but slightly egg shaped with the large end pointed towards earth.

Read More